天気予報

12

5

みん経トピックス

屋久島宮之浦港は別れの季節屋久島町地域おこし協力隊

屋久島のレザークラフト作家が実店舗 アトリエ併設でオーダーにも対応

  • 0
屋久島のレザークラフト作家が実店舗 アトリエ併設でオーダーにも対応

店舗は住宅街の中の一軒家

写真を拡大 地図を拡大

 手縫いで仕上げた革小物をインターネットなどで販売する「ariga-to」(屋久島町志戸子、TEL 080-5309-5213)が3月、実店舗を開いた。

一番人気はヤクシカ皮を使った「島財布」(写真手前)

 店舗はガジュマル公園や天然のヤマザクラで知られる島の北東、志戸子集落の住宅街の中。アトリエの玄関を改装して商品を並べる。その場ですぐに購入できるだけでなく、オーダーにも対応。たくさんの革やパーツの中から、見て触って時間をかけて選ぶことができるようになっている。

 素材は屋久島ならではのヤクシカレザー以外に、カウレザー(栃木レザー・イタリアンレザー)、ホースレザー(姫路ホース)があり、いずれも環境に負荷が少なく経年変化を楽しめるという自然なめし、自然染色で仕上げられている。

 革と共に味わいを増す真ちゅうビーズ、フランスやイタリアのアンティークボタン以外に、島内の作家が作ったヤクシカの角のビーズや、ヤクシカの角と島の夜光貝を組み合わせたボタンも取りそろえる。

 店主の清水舞さんは「先日、島を離れて暮らす娘さんの成人のお祝いにと財布をオーダーされて感激した。家族の大切な節目に選んでいただけて光栄に思う」と話す。

 商品は武田館(屋久島町安房)やぷかり堂(屋久島町小瀬田)、ル・ガジュマル(同)、ぽんたん館(屋久島町麦生)でも販売している。

 営業時間は15時~17時。火曜定休。

グローバルフォトニュース