食べる

屋久島町商工会がプレミアム付き「しょこぱん商品券」販売 Go To Eat食事券と同時に

「しょこぱん商品券」取り扱い店のステッカー

「しょこぱん商品券」取り扱い店のステッカー

  • 28

  •  

 屋久島町商工会(屋久島町宮之浦、TEL 0997-42-0159)が11月2日、プレミアム付き「しょこぱん商品券」の販売を始める。

食事券・商品券同時発売のフライヤー

 Go To Eatキャンペーン食事券と同時販売する同商品券は、低迷している町内消費に刺激を与え地域経済回復の第一歩となるようにと、屋久島町の助成を得て屋久島町商工会が販売する。1万2,000円分の商品券を1万円で販売し、商工会会員の8割近い約300(10月30日現在)の登録事業所で2021年3月7日まで利用できる。飲食業に限らず、スーパーや工務店などさまざまな業種が登録している。「しょこぱん」は「商工会」と「パンダ」を組み合わせた造語で、全国の商工会が共通で使っているマスコットキャラクターに由来する。

[広告]

 Go To Eat食事券は、感染予防に取り組んでいる飲食店と、食材を供給する農林漁業者を応援するため国が取り組むGo To Eatキャンペーン事業の一環。鹿児島県では商工会連合会と商工会議所が販売事業を受託し、屋久島では屋久島町商工会が担当する。1万2,500円分の食事券を1万円で販売し、島内の登録飲食店75店(10月30日現在)で2021年2月14日まで利用できる。

 Go To Eat食事券は町民に限らず誰でも何回でも購入できるが、しょこぱん商品券を購入できるのは町民に限る(1人最大5万円まで)。商品券購入の際は身分証が必要。

 食事券と商品券を同時発売する経緯について、商工会スタッフの橘誠也さんは「食事券の発売時期は以前から決まっていたが、商品券のための予算が9月の町議会で承認され、購入の便利さや販売の効率を考慮して食事券の発売に間に合うよう努力した」と話す。

 屋久島町商工会宮之浦本所と安房支所(安房、TEL 0997-46-2137)で平日10時~15時に販売する。11月7日・8日は、宮之浦地区と安房地区を除く島内各地区の公民館と生活館で1時間ごとに移動販売する。

  • はてなブックマークに追加