3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

屋久島のレストランが増床 半個室、授乳室で「よりキッズフレンドリーに」

隣の店との間の壁を取り払い、柱を生かして個室と授乳室を作った

隣の店との間の壁を取り払い、柱を生かして個室と授乳室を作った

  •  
  •  

 屋久島のレストラン「定食・ぱすた かたぎりさん」(屋久島町安房、TEL 0997-46-4282)が6月4日、フロアを2倍に広げ、リニューアルオープンした。

小上がりになったキッズルームは、転落防止の仕切りも万全

 同店は、屋久杉を中心に扱う土産物店「武田館」の敷地の一角で、2016(平成28)年に開業。2店舗が入居できる建物の片方に入居していたラーメン店が2月末で退去したのを機に、物件のオーナーである「武田館」からの申し出で、2軒を仕切っていた内壁を抜く工事を行い、2倍の広さに増床した。

[広告]

 席数はこれまでの2倍となる60席とし、団体客を積極的に受け入れるはずだったが、折からの新型コロナウイルス流行の影響で、予定の半分の席数で再スタート。客席間の距離を広く取り、感染防止に努める。

 店主の片桐吉人さんは「しばらく団体客の見込みは低そうなので、地元客に喜んでもらえるよう、メニューを工夫していきたい」と話す。

 5人の子どもを育てる片桐さん。実体験を生かし、改装を機にすでに備わっていたキッズルームに加えて授乳室や半個室も設け、「これまで以上にキッズフレンドリーな店」として地元の子育て世帯にもアピールしていくという。

 営業時間は、昼=11時~15時、夜=17時30分~21時。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home