食べる

屋久島のカフェがメニュー一新 地域の食材生かしたパスタ提供

鹿児島県産の黒毛和牛と黒豚を使ったボロネーゼのセット

鹿児島県産の黒毛和牛と黒豚を使ったボロネーゼのセット

  •  
  •  

 屋久島町の「Dining Cafe Bar SLOW」が「PASTA SLOW」(屋久島町船行、TEL 0997-46-3562)にリニューアルして1カ月がたつ。

店舗外観

 店主・藤山秀忠さんが2012(平成24)年に開いた同店。これまで提供していたハンバーグやサンドイッチなどを中心としたメニューから、地元の食材を使ったパスタへメニューを一新。ラインアップは鹿児島県産の黒毛和牛と黒豚を使ったボロネーゼ、自家製ベーコンを使ったカルボナーラやポモドーロ、自家製スモークチキンのペペロンチーノなど。

[広告]

 藤山さんは「麺や塩などの素材も厳選した。野菜はできるだけ屋久島産を使うようにしている。地元産の魚介を使ったメニューも開発中で、観光客に島らしさを感じてもらえるメニューを増やしていきたい」と意気込む。全てのパスタはサラダ、トースト(ガーリックまたはめんたいこ)、ドリンクがセットで1,800円。

 ディナーコース(3,000円)は前日までに2人から予約可能。前菜盛り合わせ、鮮魚のカルパッチョ、肉または魚のメイン料理、パスタ、パン、ケーキ、ドリンクとボリューム感のある内容。デザートのケーキは藤山さんの妻が手作りする。天気が良ければ、森の景色を眺められるテラス席での食事も好評という。

 藤山さんは子育てのためのより良い環境を求めて、2009年に大阪から屋久島へ家族で移住。自宅と店舗、店内の家具は自ら作った。「島の同業者らのアドバイスもあり、より屋久島らしさ、自身のこだわりを大切にしたメニューに一新したいと思った。豊かな自然に囲まれた島の暮らしにとても満足している」と話す。

 営業時間は12時~16時、18時~22時。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加