3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

屋久島「たまりば」のテークアウト好評 立地と共同運営が奏功

初日は小雨がぱらつき軒下に行列が

初日は小雨がぱらつき軒下に行列が

  • 52

  •  

 コミュニティーハウス「たまりば」(屋久島町小瀬田)で島内の飲食店が共同でテークアウト営業を始めて1カ月がたつ。

店頭の黒板に当日メニュー

 初日の5月3日は小雨にもかかわらず、11時の開店前から行列ができ、ほとんどの商品が30分で完売した。客は「たまりば」の軒下に並び、一時は建物を一周するほど長い行列となった。

[広告]

 初日から参加したのは「Restaurant&Wine Bar ヒトメクリ.」「レストランパノラマ」(以上、屋久島町宮之浦)、カフェ「kiina(キイナ)」(志戸子)の3店。どの店も人気のテークアウト商品を販売したことが好評の大きな要因だが、隣接するホームセンター「SOMES(サムズ)屋久島店」や周辺のドラッグストアへの買い物ついでに立ち寄った人も多い。複数の店舗による共同運営なので、商品の選択肢が広がるのも特長。アーケード商店街もフードコートも無い屋久島では、従来にない販売形態が功を奏したといえる。

 初日の好調な販売を受けて、6つの店舗が次々と参加した。ピザを販売したイタリアレストラン「イルマーレ」(小瀬田)は、「5枚も売れれば十分だろう」と持参したが、開店後5分で売り切れ、急いで店に戻って追加のピザを焼き始めたという。

 ヒトメクリ店主の永綱未歩さんは「営業開始から1カ月がたち、近くの町役場や空港周辺の営業所から常連客が利用するようになった。準備する商品の量も予測できるようになってきた」と話す。5月中の実績を踏まえ、6月は営業時間を変更する。多くの飲食店が営業を再開することが見込まれる7月以降は不定期のイベント形式にする予定。

 6月の営業時間は11時~13時。土曜・日曜・月曜のみ営業。売り切れ次第終了。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home