見る・遊ぶ

屋久島で「第1回KOMOHANAフェス」 音楽と食を通じて地域もり立てる

モッチョム岳を背景に演奏する地元バンド「Fuzz LAB」

モッチョム岳を背景に演奏する地元バンド「Fuzz LAB」

  •  
  •  

 屋久島町のアクセサリーショップ「HONU」(屋久島町麦生、TEL.0997-49-3145)の敷地内で10月5日、「第1回KOMOHANA(コモハナ)フェス」が開催された。

県道から「モストレル」、「龍神の滝」に続く「KOMOHANAストリート」

 「移住者と地元の人々とが手を携え、互いの知識と経験を生かして、地元経済を回していこう」というイベント。「HONU」オーナーの片山勝仁さんと、そのバンド仲間である地元出身の鎌田慎一郎さんが立ち上げた。

[広告]

 島の南、農業が盛んな麦生集落の住民を中心に、バンド演奏やダンス披露、飲食出店や無農薬野菜の直売が行われた。地元の神山小学校の教員と保護者で結成された「神山小バンド」も登場、子どもたちを喜ばせた。

 会場となった「HONU」が位置するのは、麦生集落の中の「西原」と呼ばれるエリア。観光立島ハワイにあやかろうと、ハワイの言葉で「西」を意味する「KOMOHANA」をイベント名に冠した。このイベントを機に「HONU」から「龍神の滝」に続く道路を「KOMOHANAストリート」と名付け、子どもたちの手による周辺の散策マップを製作中。次回のイベントで披露するという。

 今後、SNSでの情報発信、ファーマーズマーケットの開催、移住希望者の相談窓口設置などを行い、これからも地域をもり立てていく。次回開催は11月を予定。

  • はてなブックマークに追加