食べる

屋久島のコーヒー店で家庭的なランチ 料理人が日替わりで担当

取材当日のメニューの1つ、軟骨カレー

取材当日のメニューの1つ、軟骨カレー

  •  
  •  

 屋久島の南部でモーニングサービスを提供している「木村珈琲(コーヒー)店」(屋久島町原、TEL 0997-47-2577)が6月3日、日替わりランチならぬ「日替わり料理人ランチ」を始めた。

店舗外観

 5人(取材時)の料理人が、毎日交代で料理する。料理人の中には主婦や農業従事者もいて、年齢もさまざまだが、料理好きな点は共通する。メニューを考え、食材を準備するのもそれぞれが主体的に行う。メニューはちらしずし、タイカレー、和定食、ギョーザ、親子丼など多彩で、共通のメニューとしてパスタランチを常時用意する。地元で採れた季節の有機野菜を使い、添加物や保存料を使わない調味料を使うよう心掛けている。ランチは800円(サラダ、手作りデザート付き)、ドリンク付きは1,000円。

[広告]

 料理人の担当する日は定まっていない。それぞれが予定の空いている日に担当し、無理なく勤められるようにと配慮した。料理人の負担を減らすため、6月3日からセルフサービスに変更し、洗い物を減らすためにテークアウトも始めた。

 取材当日の担当は主婦の渡邊由紀子さん。2種類のカレーを用意した。「ジメジメした時期を乗り切れるよう、ルーや小麦粉を使わないスパイスの効いたカレーを用意した。どちらもたっぷりの野菜を煮込んでいる」という。

 店を運営する木村水映(みえ)さんは「家庭的で多彩な料理を提供できるようになって常連のお客さまにも満足していただければ」と話す。料理人の人選に当たっては、人柄が良いこと、地元で生活していて真面目に働いていた実績があり料理好きなことを重視した。「皆さん気のいい料理人なので、前もって料理のリクエストを出すと、対応してもらえるかも」とも。

 営業時間は、モーニングタイム=8時~11時、ランチタイム=11時~15時。

  • はてなブックマークに追加