天気予報

16

11

みん経トピックス

屋久島で「うさとの服展」屋久島産の焼酎芋収穫

屋久島のアロマショップが新サービス 思い出を香水瓶に閉じ込めて

屋久島のアロマショップが新サービス 思い出を香水瓶に閉じ込めて

香りを一つ一つ確認しながら、互いの好みを探っていく作業

写真を拡大 地図を拡大

 屋久島町楠川の県道沿いにあるアロマショップ「やわら香」(屋久島町楠川、TEL 0997-42-0109)が年明けから、「世界に一つのフレグランス作り」の新サービスを始める。

「やわら香」では、島にちなんだ香りのお土産を取り扱っている

 同サービスはショップの近くで営むマッサージ施設でここ数年、ペア向けのプランの利用者が増えていることから、恋人同士や夫婦の思い出作りにと企画した。100%屋久島産の植物を使った香料を20種類ほどの中からテーマや目的に沿って香りを選び組み合わせ、二人で一つの香りを作り上げていくもの。

 ショップに併設された工場で作られた地杉やポンカン、タンカンなどのエッセンシャルオイルのほか、アオモジやアマクサギ、ヤブニッケイなど、島の植物をアルコールに漬け込んだチンキの香りを一つ一つ確認しながら好みの香りを選ぶ。

 所要時間は約1時間。完成したフレグランスのボトルには、手描きのイラストや日付を刻印できる。調香師が香料のバランスを調整した後、郵送で自宅に届ける。この香りを元に、追加注文やミニスプレーなど引き出物に展開することも可能。

 代表の渡辺優子さんは「ハネムーンや結婚式などと合わせてご利用いただければ、幸せな思い出を呼び覚ます香りが見つかるはず」と話す。

 ショップの営業時間は10時~18時。水曜・木曜定休。フレグランス作りは要予約。価格は3万1,000円(ボトルの送料込み)。

グローバルフォトニュース