3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

屋久島の繁華街に夜カフェ チャージフリーで気軽な夜のひとときを

取材時のケーキは「永田産のたんかん」(600円)

取材時のケーキは「永田産のたんかん」(600円)

  •  
  •  

 海の見えるカフェ「Sea and Sun」(屋久島町永田、TEL 0997-45-2333)が3月3日、姉妹店のカフェバー「海蔵's(seaglass)」(屋久島町宮之浦、TEL 0997-42-0007)を鹿児島銀行屋久島支店横にオープンした。

玄米と種子島産黒米をブレンドしたキーマカレー(1,000円)

 オーナーのナカツサトミさんが「遅い時間でも女性客が気軽にくつろげる場所を」と開いた店で、ナカツさんが趣味で集めた色鮮やかなトルコランプや九谷焼が店内を彩る。周辺はレストランや居酒屋など飲食店が多く、「2軒目の店」としても利用してほしいという。

[広告]

 チャージは無料。お酒(500円~)やソフトドリンク(500円~)のほかに、「Sea and Sun」名物の玄米と黒米をブレンドしたヘルシーなタイカレー(1,000円)やキーマカレー(1,000円)、屋久島産のフルーツなどを使った自家製のスイーツ(600円)も提供している。

 営業時間は18~23時。日曜定休。

 新店舗オープンに伴い、永田の店はしばらく休業。体制が整い次第、休業日を定めて週に2日ほど永田の店も開ける予定にしている。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home